スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"言葉"を生かす

東京ヘリテージサービス編集の服部です。

御社のキャッチフレーズは、なんですか?
弊社は、「歴史を未来につなぐ」です。弊社は社史づくりのお手伝いを通じて、企業様の歩みを記録として留めておくばかりでなく、歴史から学び未来への指針となるような、活用できる社史づくりを目指しています。

more...

スポンサーサイト

社史をつくる意義

東京ヘリテージサービス編集の川端です。

創業100周年を迎えるある食品メーカーでは、社史編纂にあたって、全社員を対象に、企業イメージを調査するアンケートを行いました。この意識調査は、経営軸や商品軸など5つのカテゴリーに分類し、いくつかのキーワードを評価項目として現在と将来を対比させ、企業の将来像を浮かび上がらせるというもの。

more...

愛社精神と社史

東京ヘリテージサービス編集担当の小川です。

突然ですが、みなさんは自分の会社を愛してますか?

なぜこんな話を持ち出したかというと、先日、某社の社史編集会議で二十代前半の女性担当者の発言に驚かされたからです。彼女は、自分の会社が大好きだと言い切った後、「工場勤務の社員にも会社の歩みを知ってもらうことで、担当する業務の価値を再確認し、モチベーションを高めてほしい。だからこそみんなに読んでもらえる、魅力的な社史を作りたい」と話してくれました。

more...

社史は企業情報の宝庫

大阪ヘリテージサービス編集の溜谷です。

就職活動(就活)の参考ツールの一つとして「社史」がひそかに活用されつつあることをご存知ですか。

more...

物流博物館はおもしろい!

東京ヘリテージサービス編集の内藤です。

先般、研修で港区高輪にある物流博物館へ見学に行ってきました。この博物館は物流の歴史や現在に関する展示を通して、物流の役割を広く紹介する施設です。

収蔵する資料は、文書史料約6,000点、美術工芸資料約200点、実物資料約1,000点、写真資料10数万点、映像資料約200点というから、すごい数です。

more...

プロフィール

Author:出版文化社HS
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。