スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「『歴史』を推理する」

こんにちは。社史編集をしている内藤です。

最近面白い本に出会いました。「謀略の昭和裏面史」という本です。
昭和に焦点をあて、我々が知りえない歴史の裏舞台が書かれたこの本には、重大事件が発生するたびに関わりが取り立たされている、所謂「フィクサー」
と言われる人々が登場します。

戦前・戦中を通して軍部と深く結びつき、戦後は絶大な影響力をもって、歴史を操った「フィクサー」達の血脈を追ったこのルポルタージュは、我々がこれまで常識としていた歴史が「実は真相はこういうこと」だと教えられているようで、読みごたえがありました。

more...

スポンサーサイト

「古くて新しい話」

社史編集の柴田です。

この4月2日、三洋電機社長の井植敏雅氏が辞任したとの記事を見ました。
銀行などの思惑が複雑に絡み合った中の辞任劇です。井植氏は数日後の取締役会に工場の作業着姿で現れ、議事終了後銀行出身の役員に「あなたはメーカーの人間です」と作業着を送ったといいます。

その記事を見て、2年前に出席した同社の記者会見時の模様を思い出しました。
会場は江東区・有明の東京ビッグサイト。スポットライト輝く豪勢な雰囲気の中、当時のCEO野中ともよ氏が堂々と新製品発表の壇上に立っていました。野中氏は独特の芝居がかったスピーチで、新製品がいかに良いものかを説きます。
それに比べ、井植氏の存在は希薄に感じられました。説明会というよりは野中氏の独演会に近い雰囲気の中、隣にいた記者がつぶやいた言葉が忘れられません。
「なんだか末期の中国の王朝みたいだな」

more...

プロフィール

出版文化社HS

Author:出版文化社HS
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。