スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「節目は大事」

大阪で社史編集を担当している井上です。

12月も中旬を迎え、各地で忘年会が開かれるシーズンとなりました。かく言う当社でも、少し早いですが、12月7日の金曜日に大阪本社の忘年会が開かれ、飲んで歌って、互いにこの一年の仕事ぶりをねぎらい、来年に向けて気持ちを新たにしました。

忘年会と同じく、この時期の恒例となっているのが、いわゆる「第九」の演奏会。インターネットで検索をかけると、私の住む関西だけでも「1万人の第九」
や「第九交響曲の夕べ」、「第九de クリスマス」などなど、年末に向け各地で演奏会が行われていることがわかります。

more...

スポンサーサイト

「今年のベストワン」

社史担当の畑 嘉広です。

お酉様も終わり、気がつけば今年もあとわずかとなりました。この時期、各新聞・雑誌で賑わうベストワン企画にならい、今年読んだ本の中で、私のベストワンを紹介させていただきます。

『生物と無生物のあいだ』福岡伸一著。
40万部を超えてベストセラーになっていますから、手にとっている人も多いかもしれません。本書は、分子生物学の立場から生命とは何かを突き詰めていったものです。

例えば、こんな問いが紹介されます。人間の身体に比べ、原子はどうしてかくも小さくなくてはならないのか? その答えは次のとおりです。

more...

プロフィール

Author:出版文化社HS
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。