スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社史を繰り返し作る意味

 東京ヘリテージサービス営業の吉田です。

 先日、趣味の映画の本を読みながら、思わず「アーッ」と声をあげてしまいました。10年前、某合成樹脂メーカーの社史制作で、事実関係の裏づけがとれず掲載を諦めた挿話が、そこに書かれていたからです。

more...

スポンサーサイト

社史は面白い!

 大阪ヘリテージサービス編集の吉國です。

 突然ですが、みなさまは社史に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。

more...

「破綻企業の社史」と「存続企業の社史」

 東京ヘリテージサービス事業部・編集の関です。

「山一證券100年史刊行」――。11月5日付の日本経済新聞文化面に、こんな見出しで大きな記事が掲載されました。

more...

「志の再発見」

 大阪のヘリテージ事業部・企画営業の井上です。

 神戸大学大学院の三品和弘教授は、著書『どうする? 日本企業』(東洋経済新報社刊)の中で、ピアノメーカーである米・スタインウエイ社とヤマハ社の歴史を紐解きながら、現在の日本企業が陥いる「品質信仰」の問題点について指摘しています。

more...

プロフィール

出版文化社HS

Author:出版文化社HS
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。