スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"言葉"を生かす

東京ヘリテージサービス編集の服部です。

御社のキャッチフレーズは、なんですか?
弊社は、「歴史を未来につなぐ」です。弊社は社史づくりのお手伝いを通じて、企業様の歩みを記録として留めておくばかりでなく、歴史から学び未来への指針となるような、活用できる社史づくりを目指しています。
その企業様の理念や考え方を今に継承し、時代の移り変わりの中で経験されてきたことや業界の中で置かれた状況を踏まえて、最適な社史の「在り方」をご提案することが弊社の使命と考えています。それを端的に表現したのが、このキャッチフレーズです。

ところで、周囲を見渡してみますと、印象に残るキャッチフレーズが沢山あります。個人的に好きなキャッチフレーズを以下に挙げます。

「make it possible with Canon」(キヤノン株式会社)
「子どもたちに誇れるしごとを。」(清水建設株式会社)
「おはようからおやすみまで 暮らしをみつめる」(ライオン株式会社。現在は変更)
「Leading Innovation」(株式会社東芝)
「カガクでネガイをカナエル会社」(株式会社カネカ)

どうでしょう、その会社の目指しているところがイメージできますよね。どんな会社にも企業理念や社訓、標語など、社員やお客様と共有できる"言葉"があると思います。そんな思いの詰まった"言葉"を社史のタイトルに生かしたり、社史の一ページに残しておくことで、未来へとつながる社史の一つになりえないでしょうか。

弊社では、オーソドックスな「○○○株式会社○年史」だけでなく、その企業様のイメージにぴったりくる"言葉"を生かしたタイトルや企画をご提案できればと思っています。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

出版文化社HS

Author:出版文化社HS
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。